ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

| 雑記

【風の気まぐれ猫日誌3】初メディアアート 光の波

  1. HOME >
  2. | 雑記 >

【風の気まぐれ猫日誌3】初メディアアート 光の波

今日は2022.05.26.

人生ではじめて、メディアアートというものを体験してきました。

 

テーマは〝光〟と〝ゆらぎ〟

作品はアナログとデジタルの2種類あって

最初、ボクはアナログの作品から見てまわったんです。

初見はまったくなんのこっちゃわかりませんでした。

 

あー、これ文脈とか知らないと楽しめないのかなぁ?と思いつつ

眺めた後、デジタルの作品へと視線を移します

 

 

パネルのなかで光の波がゆらいでいます。

 

 

じーーーーーっと見ていると

なんとなーくいろんなことに気づき始めます。

 

あー、これってこういうことかーと。

ひとつひとつの視覚情報と文字情報が結びついていきます。

 

 

結びついた情報を紐解いていくと

ぼやっとしていた光の捉え方というか、

受け取り方の概念がはっきりしてきて

あー、これ魔法の世紀とデジタルネイチャーを読み込んでたら、

もっと面白かったかもなぁ...なんてことが

頭をよぎります。

 

 

メディアアート

目から脳みそに、直接光の波動を叩き込まれるようなハードなデジタル作品

それにともなって

特徴と良さが浮き彫りになってくる反射光が心地いいソフトなアナログ作品

その対比がまた楽しくて。

 

この人はいったいどれだけ勉強されたんだろう

あたまのなかどうなってるんだろう

 

そんな平凡な疑問が浮かんでは消え、浮かんでは消え。

 

なにはともあれ、

次回の機会までに、魔法の世紀とデジタルネイチャーを読み込んでおかねば!

と、落合陽一氏と作品への興味が一層深まった一日でした。

 

 

展示情報

【ゆらぐbe with light】落合陽一、レギーネ・シューマン、横山奈美 prtimes.jp/main/html/rd/p via

-| 雑記

© 2022 はたけ tot りょうり Powered by AFFINGER5