ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

| 食材ノート [食]

【食材ノート】コリアンダー-Coriander【スパイス】

  1. HOME >
  2. | 食材ノート [食] >

【食材ノート】コリアンダー-Coriander【スパイス】

基本ステータス

【名称】コリアンダー  Coriander

【別名】コエンドロ(和名)

【部位】種

【科目】セリ科

【主要産地】東南アジア・中南米・北米など 日本でも栽培可能

 

特徴

カレーに用いられるスパイスの代表格。

 

3000年以上前から使用されていて

紀元前1550年頃の「テーペの医学パピルス」やサンクリット語の書物に料理法や薬用についての記載

旧約聖書にも登場している。

 

古代エジプトでは調理や医療に用いられ

古代ギリシャや古代ローマにおいても、よく用いられた。

 

また、エジプトではコリアンダーと亡骸を一緒に墓に葬る習慣があったり

中国では不老不死の妙薬として考えられたり

中世ヨーロッパでは、恋をかなえる秘薬(媚薬)として用いられたりした。

 

香りは柑橘類のオレンジ、アニス、あるいはレモンとセージを合わせたような香りであると表現される。

 

卵・肉・豆料理などに広く利用され

カレー・チャツネ・ラタトゥイユ ・サルサ・ピクルス・ソーセージ・アップルパイ・シフォンケーキの

風味づけなどにも使われる。

 

牛乳や紅茶とともにいれて煮出したり

ウォッカやジンに漬け込み、果実酒とすることも出来る。

 

品質評価は「粒の大きさ」

あるいは香り成分であるリナロール臭の強弱によって決まる。

一般的には小粒のものが香味が強い。

 

アニスやカルダモン・クローブ・ナツメグ・シナモン・セージなどと相性が良い。

 

種子を大量摂取すると強い眠気に襲われることがあるため

「めまいの実」と呼ばれることもある。

 

主な香り成分は、コリアンドロールというリナロールの一種。

 

使い方

コリアンダーは、料理にも薬にも用いられる。

世界中様々な地域の料理で使われ、

葉の部分であるパクチー(香草)をはじめ、茎や根も利用される。

 

代表的な料理

サンバルスブラキキョフテムサカサブジ

参考サイト・書籍

Wikipedia Coriander

S&B

 




著者のプロフィール

-| 食材ノート [食]

© 2022 tsukurepi-つくれぴ Powered by AFFINGER5