オムレツ

【原点回帰】プレーンオムレツ 【88日目】

  1. HOME >
  2. オムレツ >

【原点回帰】プレーンオムレツ 【88日目】


スポンサーリンク


Omelette 1000days Challenge 88日目

 


プレーンオムレツ.t2

感想

オムレツチャレンジ88日目。

今回は原点回帰、ということでプレーンオムレツです。

昨日は焼き芋屋が忙しく、オムレツが巻けなかったこともあって

これを機に一旦思考をリセット。

 

重要なのは毎日続けることではなく、

いかに小さな気づきを得て、自分の肥しにするか?ということなので

一旦これまでやってきたオムレツのなかで

気になるポイントをすべておさらいしていきたいと思っています。

 

まずはプレーンオムレツ、ということなんですが、

いまのところ、自分の巻くプレーンオムレツには満足できていません。

オムレツの巻き具合はなどは今回ちょっと脇に置いて

今自分が一番気になっている部分はこの赤い線の部分

 

この部分の層をいかに薄く、

というかこの部分の層をいかになくし、均一に火をいれていくか?

というところがプレーンオムレツにおける目下の課題なのです。

 

今回は低温のフライパンから卵を流し入れ、スクランブルにかき回して

途中で手を止め、層をつくるようにしたんですが

かなりこの層が分厚くなっただけでなく

全体的な火入れも行きすぎてしまい

卵焼きのような食感と香りになってしまいました。

 

卵は一定の温度を超えてくると(何度か忘れた たぶん80℃前後)

特有の火の入った卵の匂いを放ってくるようになり

この香りがするオムレツはちょっと残念なオムレツだと言わざるをえません。

 

かといって、半熟すぎるオムレツも残念なオムレツで

その丁度真ん中を攻めつつ、

赤線の層をいかに無くしていくか?

 

上記の温度を超えずに程よく半熟であり

層が気にならないくらい薄く、均一に火が入っている

がプレーンオムレツの美味しさを決めていくのだと自分は考えています。

 

プレーンオムレツばかり巻いていた時期は、

一瞬良い感じにできていたのですが、

すこし手を抜くようになっていて

気がつけばできなくなってしまっています。

手抜きって怖いですね。

 

そんなわけで、すこしばかりプレーンオムレツを極める週間を取りたいと思います。

その間にインスタの投稿も追いつければいいなと🙌

 

この投稿をInstagramで見る

 

オムレピ(@jun_omelette)がシェアした投稿

-オムレツ

© 2021 tsukurepi-つくれぴ Powered by AFFINGER5